Top > 【考察】噛み付き事件

【sWIKI】からのお知らせ
本日、コメント機能につきまして一部制限を加えました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
【考察】噛み付き事件
HTML ConvertTime 0.027 sec.

噛み付き事件とは、FNAF(無印)の第1夜よりその存在が語られている事件である。
しかし同ゲーム中で確認できる新聞記事には、この事件に関する事項は何一つ記されていない。
何よりそんな事件が公になれば、アニマトロニクスがウリのFF's Pizzaは廃業を余儀なくされるだろう。
つまりこの事件は電話の男を始めとした内部の人間以外は知らない可能性が非常に高い。


この事件に関して判明していることは、「1987年に起こった」という事と、「被害者はかろうじて生きている」という事。
また、FNAF2の時代が1987年で、ゲーム内当時ではまだ事件は起こっていないと推測されるため、
1987年11月13日(第6夜(FNAF2))より後、特に閉店前最後の誕生日パーティーの日とされる、
1987年11月14日が事件発生日として有力である。



しかしFNAF4で新たに、噛み付き事件に非常によく似た事件の存在が明らかとなる。


The Bite of ??


ただし、FNAF4の時代は1982年または1983年であるという説が有力で、
この場合電話の男の証言と矛盾することになる。
そのため、こちらの事件は今までに知られていたものとは"別の"噛み付き事件という見方が強い。
いずれにせよこちらの事件も隠蔽されている可能性が高い。



興味深いことに、両方の事件において明らかになっている部分が、
もう一方の不明な部分を補完し合うような関係になっている。


前者の事件では「時代」と「被害者の顛末」はわかっているが、「経緯」や「場所」、「被害者が誰なのか」は不明。
後者の事件では「発生の経緯」や「場所」と「被害者」はわかっているが、「詳細な時系列」や「被害者の顛末」は不明。
そして両方に共通して「噛み付かれた(ように見える)」、「(誕生日)パーティーの日に起こった」ということが明らかになっている。
しかし、両事件を安易に組み合わせて考えてしまうと、1987年かそれ以前なのかで時代が矛盾してしまうというジレンマに陥る。



このページでは、噛み付き事件の真相についていくつかの説を挙げて考察を進めることとする。



これに関する考察 Edit


 説1:よく似ているだけで別の事件説

 説2:FNAF4の事件も1987年説


関連考察 Edit

【無印FNAF】電話の男の遺言
【FNAF4】男の子のその後とは?



コメント・考察フォーム Edit


コメントはありません。 Comments/【考察】噛み付き事件?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





テスト的に表示しています。